二重になる方法 筋肉

MENU

二重まぶたになるのに筋肉は関係あるの?

二重まぶたと筋肉…大いに関係ありなのです。

 

 まぶたにも筋肉!

 

そもそも二重と一重の違いは、まぶたを持ち上げる筋肉に違いがあります。

 

二重まぶたは、まぶたの筋肉の一部が皮膚にくっついているため、
目を開けた時に皮膚が折り込まれ二重の線ができます。

 

これに対し、一重まぶたは筋肉がまぶたをそのまま引き上げるつくりになっているため、
皮膚が折り込まれないのです。

 

この構造自体は遺伝によって決まります。
二重と一重は、構造自体に違いがあるということですね。

一重→二重にするにも筋肉は大事

二重と一重は構造が異なりますが、
まぶたの筋肉を鍛えることで一重を二重にすることも可能です!

 

まぶたの開閉に関わる眼輪筋と眼瞼挙筋をよく使うことで
まぶたの脂肪が痩せ、皮膚が折り込まれやすい状態になります。

 

二重の線は筋肉に沿ってできたシワのようなものなので、
まぶたが痩せることで、生まれつき一重まぶたの人も二重になることもあるのです。

 

実際に、
「まばたきを意識的に多くすることで二重になった」
「マッサージとまぶたの筋トレをすることで二重になった」
という人もいます!

 

まぶたの筋肉をよく使い、脂肪が減ったことが要因でしょうね。

 

このように、二重になるには筋肉が大きく関わってきます。
まぶたの筋トレなどを試してみるのもおすすめ方法のひとつです♪

 

自分できれいな二重まぶたを定着させる方法BEST3もチェック☆